AGAにはミノキシジルやプロペシアが大変有効です。使用方法や副作用を知りましょう。

ミノキシジルでAGAにお別れ!
ミノキシジルでAGAにお別れ! ミノキシジル プロペシア

AGAにはミノキシジルとプロペシア

AGA大国、日本

AGA大国、日本

日本はここ数年で爆発的に薄毛人口が増えたと言われています。高齢化社会という事も多少は影響していますが、数にすると約1300万人、日本人の人口は大体約1億2千人として、男性の4.5人に1人は悩んでいると言われています。中高年だけでなく、20代や30代の若い方でも悩む方は増えていて、遺伝、ストレス、生活習慣など、原因は様々です。

しかし、多くの方は病院での治療は恥ずかしい、もしくは面倒だとお考えではないでしょうか。最近は、薬の進歩も驚くほど進み、病院に行かずとも薬のみで増毛が可能です。

ミノキシジルは、増毛効果を促進させる有効成分です。この成分を商品化したものがミノキシジルタブレットとされ、ロニテンのジェネリックです。種類は5mgと10mgの2種類があり、新規購入の方、またそのリピート率の高い持つ商品です。その理由としては、国内でもともとこのミノキシジル成分を配合している商品で認可されている商品はリアップのみでしたが、近年ジェネリックを海外から個人輸入をできる事もあり、そこからその効果的な回復を見込めるとの口コミもあり、爆発的にヒットしています。

薄毛

さらにフィンペシアと呼ばれるAGA(男性型脱毛症)の治療薬と一緒に使用すると効果的です。このフィンペシアには、薄毛の進行を止める事が期待できます。実際にこの2つの商品を合わせて購入する方が続出しており、そのリピート率からして、それなりの効果を実際に期待する事はできるのだと思われます。

はじめに取り上げたミノキシジルもジェネリックですが、このフィンペシアもプロペシアのジェネリックです。他にも、ツゲインというAGAを改善が見込める商品が存在し、効果的にはプロペシア、フィンペシアと類似する効果効能となっています。こちらもジェネリックが既に販売されていて、その名称がロゲインです。ロゲインも日本人にとても合うとされている商品で、ミノキシジルと合わせて購入する際は、フィンペシアかこのロゲインかで迷う方もいるようです。

薄毛は早期から対策をする事で、遺伝的に薄毛になるとされる方でも多少はその時期を遅らせる事が出来る可能性が高い為、しっかりと早いうちから対応をする事をお勧めします。

ミノキシジルの使い方・作用・副作用

薄毛

ミノキシジルは、AGAに効果を発揮すると言われている成分です。外用薬と内服薬があり、両方の使用でさらに効果が上がると言われています。現在のところ、発毛剤としては最も効果があるとされていて、世界で一番人気の商品で、実際に髪が濃くなったという方は大勢いらっしゃいます。

ミノキシジルはもともとは高血圧の患者に使用する経口血圧降下剤として開発されました。ところが副作用として多毛症の効果が現れるという声が多く、AGAに対して高い効果があると発表されました。外用薬の場合は、ツゲイン(ロゲイン)が有名です。初めて育毛剤を使用される場合は、外用薬から使い始めた方がいいとも言われています。

使用方法は簡単で、1日2回、1mg程度を頭皮に塗布します。次に塗布するのには12時間はあけて下さい。塗布後は患部にまんべんなく伸ばして、軽くマッサージしてしばらく放置します。効果が現れるまでにだいたい3カ月から半年程度かかると言われているので、毎日続ける事が大切です。

副作用はかゆみやかぶれなどが起こる場合があります。肌が弱い方は注意が必要ですが、内服薬に比べると副作用は少ないとされています。

一方、内服薬は、血管を拡張する機能がある為、滞りがちになった毛根へと血液を運搬して抜け毛を減らし、元気な髪の毛が生えてくる環境に改善されます。外用薬に比べ、塗りムラなどもなく、手間もかからないので人気になっています。服用には1日2回、5㎎を1錠服用します。

心臓既往症(狭心症等)の方、高齢者の方、未成年の方は服用は避けて下さい。女性の服用も可能とされていますが、女性の場合は、あらかじめ医師に相談しましょう。また、アルコールには血管を広げる作用があるので、異常が起こる可能性がある為、一緒に服用する事は避けましょう。副作用は、低血圧症の方は、特にめまいが起こる場合があります。それ以外に、嘔吐、動悸、むくみ、精力減退などがあります。

プロペシアの使い方・作用・副作用

AGA

プロペシアは、AGAに効果がある飲む育毛剤で、フィナステリドが主成分です。効果を簡単に言うと、AGAの原因とされている「DHT」の生成の抑制です。DHTはジヒドロテストステロンというもので、男性ホルモンであるテストステロンが「5α-還元酵素」と呼ばれる変換酵素の働きを受けて生成されるものです。この5α-還元酵素がければDHTは生成されないという事になります。

それに役立つのがプロペシアで、5a-還元酵素を阻害する事で、AGAの大敵であるDHTの生成を抑制します。これによって、脱毛量の減少、軟毛の成長、つまり、髪の毛が太く長く成長するという効果があります。髪を増やすというよりは、抜け毛を止め、薄毛を食い止める作用です。ですので、ミノキシジルのような発毛効果のある薬の両方と摂取するとさらに効果的とされています。

服用は、1日1錠を食後に飲むだけです。効果が現れるまでは個人差がありますが、約3カ月から6カ月程度かかるとされている為、6カ月は毎日服用しましょう。プロペシアは女性や未成年、高齢者は服用を禁止されています。また、肝機能に障害のある方も、服用には十分な注意が必要です。副作用としては、ED、性欲減退、精子の減少などがあります。男性にとっては重要な問題ですが、現れる頻度は2%以下とされているので、気にするほどのものではありません。現れたとしても軽度な場合が多く、服用を中止すれば見られなくなります。それ以外に、下痢、腹痛、頭痛、動悸、消化不良などが起こる場合があります。

薄毛治療薬ランキング

ミノキシジル

ロニテンのジェネリックで、服用タイプの育毛剤です。血管を拡張する働きがあるので、毎日服用する事で、血行促進と増毛効果が期待できます。1日2回服用します。塗るタイプのものよりも手間もなく、ムラなどもないので大変人気になっています。効果が表れるのは個人差がありますが、3カ月から半年前後と言われています。女性の服用は医師に相談しましょう。

プロペシア

ミノキシジル同様、服用タイプの育毛剤で、フィナステリドが主成分です。抜け毛、薄毛の原因になる成分の生成をを抑制し、減少させる働きがあります。ミノキシジルとの併用で、より大きな効果が期待できます。1日1回服用するだけなので簡単に効果を期待できます。効果が現れるのは3カ月から半年後と言われています。女性は服用できませんので、気を付けて下さい。

ロゲイン

塗布タイプの育毛剤です。主成分はミノキシジルで頭皮の血行を促進します。日本ではリアップという商品名で販売されています。リアップはミノキシジルの含有量が5%ですが、こちらは10%のものもあります。1日に2回使用します。女性でも使う事ができます。副作用は殆どないので安全性の高い薬ですが、皮膚の弱い方などは気を付けて使用するようにして下さい。

ミノキシジル プロペシア

AGA治療薬について知っておきたい事

ミノキシジルとプロペシアの相乗効果 ジェネリック薬が安い理由とは? ミノキシジルやフィンペシアを購入する方法