ミノキシジルでハゲ解消!プロペシアでAGA予防!

ハゲ大国、日本

ミノキシジルをみなさんは御存じでしょうか?
この主成分は、増毛効果を促進させると言われている有効成分です。
このミノキシジルといわれる成分のまま、商品かされているものがミノキシジルタブレットとされ、このミノキシジルタブレットとは、ロニテンのジェネリック医薬品です。
種類は5mgと10mgの2種類があり、育毛剤としてかなり新規購入の方、またそのリピート率を持つ商品となります。
その理由としては、日本国内でもともとこのミノキシジル成分を配合している商品で認可されている商品は、リアップのみとされていたのが近年ジェネリック医薬品を海外から個人輸入をすることもできることもあり、そこからその効果的な回復を見込むことができるとの口コミもあり爆発的にヒットしております。
ただ、このミノキシジルタブレットとは、一緒にフィンペシアと呼ばれるAGA(男性型脱毛症)の有効成分フィナルテリド1mgとされる治療薬と一緒に使用すると効果的です。このフィンペシアには、ミノキシジルタブレットにて期待される増毛効果とは別に、薄毛の進行を止めることが期待できます。実際にこの2つの商品を合わせて購入する方が続出しており、そのリピート率からして、それなりの効果を実際に期待することはできるのだと思われます。
はじめに取り上げたミノキシジルタブレットもジェネリック医薬品であったのですが、
このフィンペシアもプロペシアのジェネリックとなっております。
とてもこちらのプロペシアも人気の高い商品でした。
他にも、ツゲインというAGA(薄毛・抜け毛)を改善することが出来ることが見込める商品が存在し、
効果的にはプロペシア、フィンペシアと類似する効果効能となっております。
こちらもジェネリック医薬品が既に販売されており、その名称がロゲインとなります。このロゲインも日本人にとても合うとされている商品でミノキシジルタブレットと合わせて購入する際は、フィンペシアかこのロゲインかで迷う方もいるようです。
何故このような育毛剤について、説明をしているかといいますと、
まずこの日本という国はここ数年で爆発的に薄毛人口が増えたともいわれています。
高齢化社会ということも多少は影響しているかと思いますが、数にすると、約1300万人程も薄毛に悩んでいるといわれており、日本人の人口は大体約1億2千人として、男性の4.5人に1人は薄毛に悩んでいると言われています。
薄毛は早期から対策をすることで、遺伝的に薄毛になるとされる方でも多少はその時期を遅らせることが出来るともいわれていますので、しっかりと早いうちから対応をすることをお勧めします。