安い薬として日本でも浸透してきているジェネリックですが、安い理由や安全性について説明します。

ミノキシジルでAGAにお別れ!
ミノキシジルでAGAにお別れ! ミノキシジル プロペシア

ジェネリック薬とは?

ジェネリック薬

ジェネリックは日本でも最近はかなり浸透してきました。薬局で勧められる機会も増えてきたのではないでしょうか。「安い薬」という事は多くの方が認識されているかと思いますが、何故安く販売されているのか、また効果の違い、安全性などはご存じでしょうか?

薬の種類

まず、薬には先発薬とジェネリックの2種類があります。薬の開発には、十数年にも及ぶ年月と数億円の予算がかかります。その為、新薬は、特許で守られ、他の製薬会社からは約20年、同じ成分の薬は販売出来ません。この期間に新薬を開発した会社は開発費などを利益によって回収します。また、この法律がなければ、わざわざ新薬を開発する会社がなくなり、医薬品の発展がなくなってしまいます。

安い理由

ジェネリック薬が安い理由

特許が切れた後、他の会社から販売されるのがジェネリックです。価格は新薬の2割から7割程度という安さですが、これは、既にある成分なので、開発に時間もコストもそれほどかからない為です。

新薬とジェネリックの違い

具体的に新薬との違いは、価格以外には何があるのでしょうか?まず、同じでなければいけない部分は、有効成分の種類、量、用法容量、効果・効能です。違ってもいい部分は薬の形、色、味、添加物などです。ジェネリックの方が味や大きさなど飲みやすく改良されていたり、子供でも飲みやすい味にされている場合があります。安全性についても国の厳しい審査がある為、信頼できるものです。

今後の普及

ジェネリック薬の今後の普及

日本はこれから更に超少子高齢化が進み、医療費の問題があります。現在利用されている薬がジェネリックになれば、医療費はかなり抑えられます。その為、厚生労働省は、平成平成32年度末までに80%以上にすると目標を定めました。今後、ますます普及していくと思われます。また、インドなどは薬事法が異なり、日本では販売されていないジェネリックも販売されていて、日本でも通販で購入する事が出来ます。AGAの薬として有名なロテニンのジェネリックのミノキシジルや、プロペシアのジェネリックのフィンペシアなども販売されており、半額程度の値段で購入出来ます。

ミノキシジル プロペシア

AGA治療薬について知っておきたい事

ミノキシジルとプロペシアの相乗効果 ジェネリック薬が安い理由とは? ミノキシジルやフィンペシアを購入する方法