脱毛症には様々な種類があります。どのような種類があるか、解説します。

ミノキシジルでAGAにお別れ!
ミノキシジルでAGAにお別れ! ミノキシジル プロペシア

脱毛症の種類

脱毛症の種類

薄毛・抜け毛など一言で言っても、いくつか種類があります。

壮年性脱毛症

主に30代以降、40代前後の人に起こる症状で、この年代の約9割もの人々が該当します。生え際から徐々に後退していく形で薄くなる点が特徴で、「M字型脱毛症」「U字型脱毛症」などがあります。男性ホルモンが関係している為、殆どが男性でしたが、最近は女性でなる方も少なくありません。ストレス、生活習慣、食生活など様々な原因が考えられます。

男性型脱毛症(AGA)

思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、もしくは双方から薄くなっていきます。原因は色々ありますが、よく言われているのが「男性ホルモン説」です。この他、頭皮の皮脂も脱毛に関係していると言われています。

円形脱毛症

何の前触れもなく、突然髪が円形や不整形に抜けてしまう脱毛症です。男性女性、赤ちゃんからお年寄りまで誰にでも起こります。「10円ハゲ」とも言われます。かつてはストレスが原因とされていましたが、最近は「自己免疫機能」と関係が深い事がわかってきています。

脂漏性湿疹

脂漏性湿疹

マラセチア菌というカビの一種が過剰分泌された皮脂を餌に増殖する事で、脂漏性皮膚炎が発生しています。フケやかゆみを引き起こし、炎症が悪化すると毛根を維持できなくなってしまい、脱毛を引き起こしてしまいます。

抜毛症

髪の毛に限らず、睫毛、眉毛、脇の毛、ひげ、陰毛、足、手などの体毛を自分で引き抜いてしまう行為障害です。無意識のケースもあれば、自分で自覚していながら抜くのをやめられない場合もあります。抜毛癖は身体に対する繰り返し行動と言われていて、特に小学生の高学年から高校生くらいの思春期に多く見られます。

以上のように様々な種類がありますが、特に日本人はAGAで悩まされている方が多いです。現在はミノキシジルプロペシアのような大変有効な薬もあり、通販で購入する事もできます。悩んでいる方は、一度利用されるのをお勧めします。

ミノキシジル プロペシア

AGA治療薬について知っておきたい事

ミノキシジルとプロペシアの相乗効果 ジェネリック薬が安い理由とは? ミノキシジルやフィンペシアを購入する方法