AGAの原因は遺伝と考えられている方が多いかと思いますが、実は男性ホルモンが大きく関係しています。

ミノキシジルでAGAにお別れ!
ミノキシジルでAGAにお別れ! ミノキシジル プロペシア

AGAには原因がある!?

AGAの原因

どうして、髪の毛は薄毛になる人とならない人がいるのでしょう?特に男性には特徴的なハゲ方があり、AGA(男性型脱毛症)と呼ばれています。日本国内でAGAの症状が出てる人は1300万人近くいるとされています。しかし何かしらの対処をしてる人は約半分だとされています。AGAは放置すると進行します。何かしらの対処法をとるのが大事です。

ではAGAになってしまう原因ですが、男性ホルモンのせいだとされています。遺伝ではげるとよくいわれますが、遺伝はただ、はげやすくなる可能性が高いだけであって必ずしもはげるとは限りません。実際、祖父や父はフサフサなのに自分だけ薄毛になるや、逆に自分はフサフサだけど、祖父や父親は剥げてると言った方います。

男性ホルモンのテストステロンが、5a-還元酵素によってジヒドロテストステロンに生成されます。ジヒドロテストステロンが髪の毛の乳頭細胞などに結び付くことが原因で、髪の毛が成長しきれなくなったり、毛穴から髪の毛がはえなくなってしまうと言った状態が起こります。

髪の毛にはヘアサイクルというものがあり、通常は数年位わたり髪の毛が生え変わります。AGAになってしまいますと、ヘアサイクル自体が短くなってしまい、髪の毛がしっかり生えなくなってしまいます。高年齢になればほとんどの方が薄毛ですので、あまり気にはしないと思われますが、若い世代で髪の毛が薄くなってくると気になる方がほとんどだと思われます。AGAは進行するので、何かしらの対処法を取るのが大事です。

AGAの対処方法

AGAの対処方法

方法はいくつかあるのですが、一番の対処法は、薬での治療です。AGAには治療薬が存在しており、プロぺシアと呼ばれるものがあります。服用することで進行を止めたり、薄毛になっていた部分が増毛したりします。先ほどの5a-還元酵素を阻害することにより、ジヒドロテストステロンを生成させなくするので、通常のヘアサイクルに戻すことが可能です。

そしてさらに、対処したいのであれば、薬用育毛剤と併用することです。薬用として売られているものは、もちろん効果は期待できます。特に海外製品のロゲインはミノキシジルという成分が含まれており、効果もかなり期待できます。このプロぺシアとミノキシジルの二つを併用する事が薄毛の一番の対処法になるとおもわれます。

ミノキシジル プロペシア

AGA治療薬について知っておきたい事

ミノキシジルとプロペシアの相乗効果 ジェネリック薬が安い理由とは? ミノキシジルやフィンペシアを購入する方法