AGA対策には、ミノキシジルとプロペシアを両方使う事で、相乗効果によりさらに効果が高まります。

ミノキシジルでAGAにお別れ!
ミノキシジルでAGAにお別れ! ミノキシジル プロペシア

ミノキシジルとプロペシアの相乗効果

スキンヘッド

AGAに悩む男性は国内だけでも1000万人をこえると言われています。発毛、育毛には2種類の重要な成分があります。それはフィナステリドとミノキシジルです。

フィナステリド

フィナステリドとは、元々は前立腺の病気の治療に使われてきた薬ですが、服用している患者さんの毛髪が生えてくるという報告から発毛効果があるとわかり、AGAの治療に転用され使用されるようになりました。AGAの原因となる5a還元酵素を抑制し、根本から解消してくれます。

AGAはジヒドロテストステロンという物質が大きく関係しています。これは思春期を迎えるまでは男性の成長に重要な役割を果たしてくれますが、思春期を境にニキビやAGAの原因になり、男性を悩ませる物質となってしまいます。生成するのは5a還元酵素という体内の酵素であり、テストステロンを変換して作られます。フィナステリドは、この変換を邪魔することで原因物質を抑制し、発毛を期待出来ます。内服薬でプロペシアという商品名で有名です。

ミノキシジル

薄毛

この他に頭皮に直接塗り込む薬もあり、薬局などでも販売しているミノキシジルといいます。日本ではリアップ、海外ではロゲインという商品名で大人気です。血管を拡張させる効果のあるもので、体内の血の巡りを良くして、毛髪に栄養が届きやすいようにします。しかし、弱点があり、直接頭皮に塗るために体内に取り込むのと違い塗布する薬のため、そこまでの高い効果は期待できず、抜け毛や薄毛を一時的に防ぐほどにしかなりません。そこでプロペシアとミノキシジルを同時に使う事により、相乗効果が期待できます。

内服することで、AGAの原因物質を抑制し、頭皮に塗り込むことで、毛髪が生えるのを促進することで高い発毛効果をは発揮します。どちらも薬価は高いですが、薄毛や抜け毛の悩みを解消したい方は2つの薬の相乗効果でAGAから解放されましょう。

もしも安価に利用したいのであればフィンペシアやツゲインといったジェネリックがお勧めです。日本では販売されていませんが、今は通販で簡単に購入する事ができますので、少しでも安く購入したい方は是非利用しましょう。育毛は、購入価格も薬を選ぶ際の判断材料とし、計画的に進めることが大切です。

ミノキシジル プロペシア

AGA治療薬について知っておきたい事

ミノキシジルとプロペシアの相乗効果 ジェネリック薬が安い理由とは? ミノキシジルやフィンペシアを購入する方法