AGAを病院などで治療する場合、どのような方法があるのでしょうか?いずれも大変高額です。

ミノキシジルでAGAにお別れ!
ミノキシジルでAGAにお別れ! ミノキシジル プロペシア

AGAの治療方法

AGAの治療方法

男性にとって切実な問題であるAGAですが、病院での治療には実は様々な方法があります。

低出力レーザー治療

低出力レーザーによって頭皮の血行を改善し、頭皮や毛根の細胞を活性化する事で育毛効果を生み出します。クリニックで施術してもらう場合と、機器を購入して自宅で行う場合があります。自宅で行うレーザー機器は5万円前後します。ただし、最近はよりダイレクトな治療法があるので、クリニックで行うケースは少なくなってきているようです。

メソセラピー

注射などで頭皮や毛根に、直接有効成分を注入する方法です。注射なので当然痛みが伴いますが、最近は痛みが少ない方法が色々開発されています。内服薬は血液で運ばれる為、毛根や頭皮に到達する為に時間がかかりますが、メソセラピーは頭皮や毛根に直接成分を注入する為、短期的に、成分が濃いまま届ける事ができます。ただし価格は1回につき2万円から10万円で、回数を増やした分だけ効果があがるので、2週間から1カ月に1度は通う必要があります。金銭的にはかなりの負担となってしまいます。

ハーグ治療

ハーグ治療

メソセラピーとほとんど同様で、頭皮に有効成分を直接注入します。メソセラピーは今ある髪を強くしたり、抜けないようにしますが、ハーグ治療はそれに加え、失われた髪を再生します。アレルギー物質は含まれていないので、副作用などはありません。また女性も利用できます。費用は、1回の施術が8万円から20万円、そしてある程度継続する必要があり、6回コースになると50万円から100万円前後と、やはり高額になってしまいます。

植毛

植毛

植毛には、人工毛植毛と自毛植毛の2種類があります。しかし人口毛植毛は一定期間で抜けてしまい、定期的なメンテナンスが必要で、人によっては拒否反応を起こしてしまう事もある為、今では殆ど行われていません。自毛植毛は自分の毛なので、何度も毛が生えてきて、メンテナンスはほぼ必要ありませんが、ネックになるのはやはり価格です。おでこの生え際が少し後退している程度でも50万円はかかり、全体となると、100万円から200万円以上もかかってしまいます。

以上のように、AGAは基本的に保険適用外となるので、病院などで治療を受ける場合は大変高額になってしまいます。今はAGAに効果の高い治療薬があり、ジェネリックだとさらに安く購入出来ます。安く効果を得たい方は、治療薬の利用がお勧めです。

ミノキシジル プロペシア

AGA治療薬について知っておきたい事

ミノキシジルとプロペシアの相乗効果 ジェネリック薬が安い理由とは? ミノキシジルやフィンペシアを購入する方法